土曜ソリトンSIDE-Bについて

土曜ソリトンSIDE-Bとは1995年4月からNHK教育テレビ(まだEテレではない)で1年間放送された番組である。

1995年が20年前だという衝撃の事実は置いておいて、当時の僕はちょうど高校1年生(衝撃の事実再び)。
高校では帰宅部部長を務めていたので放課後は即家に帰り月〜金で放送されていた「今田耕司のシブヤ系うらりんご」しか楽しみがない千葉県に住む太り手の高校生だった。

そんな多感?な時期に出会ったのが「土曜ソリトンSIDE-B」という番組。

SIDE-BというのはレコードのB面の事だ。
もうこのレコードメタファーが若人には伝わらないと思うけども…(当時ですら危うかった)
レコードのA面ではなく隠れた名曲があるB面、世の中の表に出てこない側面にスポットを当てていくというコンセプトなので旬なアーティストやミュージシャンではなくサブカル的なゲストやテーマを取り扱った番組であった。
(NHKはサブカル好きですよね)

はじめて「SIDE-B」を観たのはたしかテイ・トウワの回だった気がする。
その後、石野卓球がゲストで出演した回あたりから「この番組やべい」となり、みうらじゅんの回から毎週録画をしたと記憶している。

YMOやYMO界隈のゲストが多かったのは司会を務める高野寛さんがYMOチルドレンだったからであろう。
YMO界隈のミュージシャンも聴いていたが、小学5年生時にベステンダンク(カップリングのエーテルダンスも名曲、まさにSIDE-B)をフラゲしたあの日以来、高野寛さんのファンであった僕は毎週夢中になって観ていた。
同じくMCを務めていた緒川たまきさんの事も写真集を買うほど大好きになった(テレ

そして今の僕があるのは確実にこの番組のお陰と云っても過言ではない…。

「インターネット」「グラフィックデザイン」「デジタルカメラ」「写真」「HIPHOP」等など…

この時夢中になったものは36歳の現在でも継続して反応してしまうモノばかりだ。
ペパボというIT企業で仕事ができているのもあの時、立花ハジメの回でパソコンやべー、インターネットやべー、デジカメやべーってなって親を説得してNECのVALUESTARを買った事が大きい(大げさ)。

よって僕にとってこの番組への想いは熱い、熱いというか20年間変わらない温度ですぐそばに置いてあった。

そして20周年を記念して高野寛さん自ら?の企画で以下のようなイベントが開催されると聞いてすぐに申し込んだ。

 

高野寛 presents「夢のなかで会えるでしょう」

20年待った甲斐がありましたよ。行くしかない!僕のためのイベントだ!
SIDE-Bチルドレンの皆様、既に予約は埋まってるぽいですが当日券のアナウンスがあるかもなのでチェケすると良いかもしれません。
というか明日です!

Twitterでこのイベントの事をつぶやいたところ、当時はまだ友達ではなかった現在の友人たちが反応していたのも面白かった。
明日、明日だ、信じられない。

たまに聴くならこんな渋谷系のコーナー


今回はやっぱこれ。高野さんは自らのことを渋谷系とは云っていないぽいけど…。
高野寛さんの音楽は10歳から36歳の現在まで定期的に聴いているので今後も引き続きベステンダンクしていきたいと思います。
個人的にはやはり上記の「All over Starting over ~その笑顔のために~」が収録された「Sorrow and Smile」というアルバムが名盤過ぎてやばいです。

イカしてますか?

シオカ〜ラ〜ズ(あのポーズで)ということでWiiU買いました(ホタルちゃん推しです)。

 
イカ、よろしく〜〜〜(このキャプチャやっととれた)

スプラトゥーンとはこんな感じのゲーム


この動画観ただけでヤバい!ってなった人は即WiiU購入して後悔はないと思います。

基本オンライン対戦が主ですがオンラインに抵抗ある人もチャットが無いのでコミュニケーションで嫌な思いをすることも無いですし玄人と素人が入り乱れてもなんとなく同じチームでプレイを楽しめちゃうし、勝てます。
負けても純粋に悔しいって気持ちだけが残るので清々しい。

実際、僕のアカウントで5歳のセガレや嫁にプレーさせても問題なく楽しめるし、後腐れない感じでどんどん対戦が繰り返されるあたりの配慮は流石の任天堂といった感じです。
   

やりこみ要素

20時間ぐらいプレイしたあたりから塗るスタイル、戦うスタイル、ステージ、ガチバトルの方式によって武器を変える必要性を感じました。
勝つためにはいくつかの武器をマスターする必要があるし、極めたい人にはいくら時間があっても足りない〜って思わせてくるあたりの奥深感はモンハンに近いですかね。
スプラトゥーン 武器

   

音楽が素晴らしい

Squid Squadという架空のバンドらしいのだがとにかくバトル中の音楽が良いです。
峰岸透さんという方が音楽を担当しているようです。
サントラ出たら買うわ〜ってなるぐらい音楽が良いのはポイント高いです。

   

まとめ

まぁとにかく近年稀に見る最高系のゲームなのでコレを機会にWiiU買ってみては!
いわゆるゲームバランスってやつですかね?すんばらしいのではないでしょうか。
武器やステージはまだまだアップデートされているみたいですしこれからも普通に楽しみです。
タコ派でしたが今はイカフライに反応します。
それではみなさん良いイカライフを〜〜〜

   
僕はマリオカートがインストールされているセットを買いました〜
 
マリオカートも最高だけどね。
   

たまに聴くならこんな渋谷系のコーナー


98年かぁいい曲だ〜なつかしい〜

カレーハウス チリチリ

はじめてのチリチリ。
つね様に連れて行ってもらった。

チキンマサラトマトトッピング。
なるほど、これがチリチリ。
うむ、辛い、けっこう辛い、後半でまた違った辛さに変化した気がする。
たくさん汗が出て食べた直後は辛い〜熱い〜って感じだったんだけど1時間後ぐらいには体がスッキリした。
胃も持たれてないし嫌な満腹感もない。

これはじわじわハマるタイプのアレかも知れない。
「正しい食事」という感じがした。定期的に体に入れたい、そんな感じ。

そして1回食べただけではハッキリと「美味しい」という認識が出来なかった。
ただ、また行きたい、すぐ行きたいと思ったので不思議なカレーである。
カレーには全然詳しくないけど「ここでしか食べられないカレー」感がすごかった。

これは週一で来てしまうかもしれない。
次はひとりで向き合いたい。

〜たまに聴くならこんな渋谷系〜

あの曲が有名なL⇔Rだけど中学生の時この曲が大好きだったなぁ。
まだ嶺川貴子がいるね。カップリングの「君に虹が降りた」も名曲。

なぜ自分は写真を撮るのか

「写真とは」っていう問いはもう自分の中で割りと決着がついていて、それはここで書くことじゃ無いんだけど、

「なぜ自分は写真を撮るのか」っていうところの答えがなんとなくわかった気がするので書き留めておく。

 

写真を撮ってブログやインスタにアップする行為は自分にとっての最低限の創作行為なんだなぁって気づいた。

アーティストとかデザイナじゃなくても何か物を作っていないとダメなタイプの人はいる気がして、

お年寄りが折り紙やら絵とか編み物とか書道とか花とか野菜とか死ぬ直前まで作って部屋に飾りまくる行為ってありますよね。

うちの婆ちゃんはそうだった。

 

やっぱ創作することって楽しいし最中はポジティブだし海外ドラマを観て過ごす時間よりも有意義な気がしてならない。

で、少しでもそういう時間が無いとダメになってしまうからほぼ無意識的に写真撮ってアウトプットしていたんだと思う。

写真は一瞬で撮れてお手軽なのでこれがギリギリ正常な精神でいる為の行為だと昨日気づきました、あはは。

 

最近仕事人間になりすぎているので、木を削ったり絵を書いたり音楽作ったり何でもいいからちゃんと時間とってやろうかな。

 

最近いっぱい写真アウトプットしてるのでよかったら見て下さい。見てくれるのはやっぱり嬉しい。

https://instagram.com/sorahoderi/

http://sorahoderi.petit.cc/

http://grtokyo.tumblr.com/

 

おやすみなさい。

午前3時のデブ

本日もインターネットお疲れ様です、ヒルタです。

ちょいちょい渋谷系ネタを入れていくけど無視して下さい。

 

「ダイエットどう?」って聞かれます。

結果を先に云うと約1ヶ月経過して5kg痩せました。

IMG_1534

84kg→79kg 

順調に痩せてるのに「ダイエットどう?」って聞かれます。

 

Q. 何故か?

A. まだ普通にデブだから

 

「痩せたね〜」

全く云われません。膨張色の服、着ていません。

小錦が20kg痩せても小錦なように僕も変わっていないようです。

 

でも「ダイエットどう?」って云ってくれる人は結構居て、こうやって公言するのはとても良いですね。

家族や職場のみんながライザップの鬼教官のようになってくれます。

ランチで大盛り注文できないし…。

 

前のエントリーで夜は食べないって書きましたが、2日で断念しました。

サラダと鶏肉を中心に食べてます。

主に胸肉、ササミ、セブンイレブンのサラダチキン(たまに照り焼き)。

 

経験上このままだと飽きてくるのでそろそろメニューを変更したい所です。

よいライザップメニューあれば教えて下さい。

 

上記画像にあるように目標は70kgです。

はやく70kgまで痩せて「ヒルティきもい〜w太ってるほうがいいよw」って云われたい。

 

 

 

たまに聴くならこんな渋谷系(突然はじめる謎のコーナー)

ひどいMVだwよくみるとスチャ周辺のラップグループが出演している。

あの娘ぼくがロングシュート決めつつ激やせしたらどんな顔するんだろう

ここに宣言。

 

小さい頃からデブだった僕は健康診断では「太っている」以外書かれたことがない。

生まれながらのデブ。小4の時に右ひざを壊したエリートデブ戦士だ。

 

最高に痩せたのは20歳の時にジムに通いまくり&失恋も後押しして64kgが最軽。今は84kg…。

 

運動は好きだけど痩せるための運動が苦手。

なので食事制限と流行りの7分間運動だけで痩せられるか挑戦。

 

食事制限は以下。

 

朝ごはん:ヨーグルトのみ(ビオ)

昼ごはん:普通に食べる(大盛りは禁止)

夜ごはん:食べない(水は可)

 

普段から家ではお酒飲まないけど、飲みの席でいかに頑張れるかが重要な気がする。

庄やでポテトフライを注文している僕がいたらネック&アームブリッジを掛けてポテトをキャンセルしてください!

 

進捗ありましたらこちらでお知らせします。

きよしとはるなの結婚式

先日友人のきよしと同僚のはるなさんの結婚式にお呼ばれして、

5年ぶりぐらいに関東を離れはるばる金沢まで行ってきました。

飛行機からの山々が美しかった。

なんか実質40分くらいしか飛行機飛んでなかった気がします。近い。

 


同僚のあべちゃんのいとうせいこう感がいとうせいこうを超えていた。

 


これから新婦を奪い去ってバスに乗るところです(失敗しました)。

 


もう本当に素晴らしい結婚式で涙を乾かす作業に集中しっぱなしでした。
はるなさんの親御さんへ向けた手紙がまた感動的で

「どうやったらあんな素晴らしい手紙を書ける娘さんに育つんですか!」

とお父さんに絡み酒した事は覚えています。

 

 

新郎新婦の退場曲がサニーデイ・サービスの「サマー・ソルジャー」でした。

新郎新婦が去った後、残された友人含め僕も自然とサマー・ソルジャーを熱唱していました。

金沢と大分で育った2人のように全国さまざまな所から式に参加して、

なんとなくサニーデイとか大好きだったでしょ?みたいな人達が同じ場所に集まって

半泣きで熱唱している光景にえらく感動しました。というか感動しかしてませんねこの式。

※半泣きだったのは僕だけだったかもしれません

 

最高の結婚式でした。うん、ほんと最高だった。
きよしとはるなさんに幸あれ!

今はじめるブログ

へいよーわっつあっぷだよ。

みなさんお元気でしょうか。蛭田(ひるた)です。

虫編に至ると書いて蛭田です(虫は嫌いです)。

最初のエントリーなので自己紹介します。

 

蛭田悠介(ひるたゆうすけ)

1979年10月29日(おにく)生まれ

NY市(流山市)出身

インターネット大好き(☓2)

GMOペパボ勤務

ウェブサービスマネージャー

 

いままでインターネット上では写真ブログしか持ったことがありませんでした。

ソラホデリ日記。(プチ・ホームページサービス)

上記ブログは僕がペパボに入社する3年ほど前から記録しているデイリー5億PVの超人気写真ブログですね。

(※追記:さっき調べたらデイリー50PVでした)

 

2010年に憧れだった株式会社paperboy&co.(現:GMOペパボ)に入社してはや5年目、今は元々ユーザーだったプチ・ホームページサービスとロースおじさんでお馴染み、グーペというホームページ作成サービスのマネージャーをしております。

 

仕事をしつつペーパーボーイズ&ガールズという写真ブログを更新したりしています(ちぇけ)。

 

もちろんこのブログはペパボのロリポップレンタルサーバーにWordPressの簡単インストールを利用して数分で作りました。

ドメインももちろんムームードメインですね、はい。

(なんだろうこの一応書いておくか感)

 

時は戦国、ソーシャルネットワーク時代ですね。

Twitter(フォローして!)やFacebook(共通の友達7218人)などSNSが当たり前の世の中ですが出来る限り己の承認欲求から距離を置き、周りの目を気にせず、好きな事を素直にアウトプット出来る場所を作りたいと思いこの平成26年バビロン東京 in サマーにブログをはじめてみようと思った次第であります。

(と云いつつ「いいね」ボタンとかは付いているのですが!恥)

 

「どーせ続かない」と思ったそこの千里眼能力者のあなた!!!

 

 

僕も同意見です。